携帯電話.COM

紛失した際の基礎知識

携帯電話の紛失への備えの基礎知識

携帯電話を紛失した先は、第三者による悪用を防ぐための迅速な対応が必要です。
各通信事業者は、フリーダイヤル、24時間対応のパソコンからアクセスできるカスタマーサポートセンターで、利用中断手続きの受付をしています。
端末の中には、遠隔操作でロックできるタイプもあり、サポートセンターに連絡すると利用できます。
事前に端末で設定をしておくと、端末にダイヤルすれば自分でロックできるタイプの機種を扱っている通信事業者もあります。
端末の説明書を確認し、操作法を調べてみてください。
スマートフォンやその他の端末を利用している方は、携帯電話とは必要な設定や手続きが異なる場合もあるので、予め確認しておくと万一の時もスムーズに対処できます。
心当たりを探しても見つからない、盗難が疑われる場合などは、すぐに警察に届け出ることも大切です。
サポートプランを契約していると、代替品を借りることができたり、新しい端末への移行手続きも簡単です。

携帯電話を紛失すると個人情報が危ない

携帯電話には気づかない間に莫大な個人情報か蓄積されています。
その一つは、アドレス帳です。
アドレス帳には、持ち主の交友関係から、保存された人たちの氏名、住所、電話番号、メールアドレス、場合によってはその人の勤務先の情報など多大な個人情報が詰まっています。
また、位置情報がオンとなっていれば、保持者の現在位置が即座に把握されてしまうなどの個人情報も内蔵されています。
そのような個人情報が詰まった携帯を紛失してしまったらどのようなことが起こるでしょうか?中に入っているアドレス帳のリストを悪用して、その人宛に、いま流行りのサイバー攻撃を行うことも可能となってしまいます。
そのようなことが起こらないように、携帯そのものを失くさないようにすることがまず重要です。
仮に失くした場合でも、中のアドレス帳の内容から個人が特定されないように、アドレス帳への登録をニックネームやイニシャルにすることも、個人情報が携帯から流出しないようにする処置としては有効です。

注目サイト

豊川 エステ

2018/7/26 更新

『携帯電話 紛失』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/rbzxmn56/public_html/asubesutos.com/hunsitu.html on line 81
Copyright